CATEGORY

マイル使って鉄道の旅!『鉄×マイル』

【新型GSEもVSEも】小田急ロマンスカー展望席予約裏技&高速予約操作のコツ【保存版】

新宿を起点に箱根方面や江の島方面に向かう小田急ロマンスカー。 そのシンボルは、なんといっても一番前の眺望を満喫できる展望席です。 運転士になったかのような景色が流れるその車窓によって、他ではなかなか味わえない旅の思い出を持ち帰った方々も多いことでしょう。   そんなロマンスカーですが、2018年は激動の年に。 新型車両「GSE」が3月17日にデビューし、その一方で長年親しまれてきた「LS […]

【おすすめ座席も】嵯峨野トロッコ列車は事前予約すべし!予約方法実践レポート

嵯峨野観光鉄道トロッコ列車の簡単な予約方法を実践画像付きでガイドします! トロッコの予約に関しては古い情報を載せたままのサイトも多いのですが、窓なしでより一層ダイレクトに景色を楽しめる「リッチ号」車両も2020年からは前売り予約が可能に。 そこで、実際に乗車した様子や車窓の景色、そして座席表をもとにした私おすすめの座席まで徹底的にガイドします!   保津川沿いの燃えるような紅葉を満喫でき […]

【前展望席 最前列乗車!】引退迫る小田急ロマンスカー「LSE」はこね号乗車レポート(2018.3月)

オレンジ色と白色の帯に、先頭車両の展望席…。 小田急ロマンスカーのシンボルとも言える外観をくむベテラン車両、38年もの間走り続けてきた7000形「LSE」が、この2018年のうちに引退となる見通しです。   先日3月17日のダイヤ改正によって、新型ロマンスカー車両「GSE」がデビューするとともに、LSEの編成はまた1編成減り、最後の1編成を残すのみとなりました。 遠くない引退の日。 それ […]

【前展望席 最前列!】最新型小田急ロマンスカー「GSE」乗車レポート。窓の大きさ・足元の広さに脱帽!【最前列各座席からの眺望比較写真付き】

3月17日にデビューした、新型小田急ロマンスカー・70000形「GSE」。 その最も花形の座席である、前展望席 1列目の席でさっそく乗車してきました! ただでさえ予約を取りづらいロマンスカーの展望席である上、一番人気のGSEは特に予約が困難。1列目ならなおさらです。 それでも、箱根方面の「スーパーはこね」「はこね」ではなく、平日の夕方・夜に走る「ホームウェイ」で展望席の一番前を予約することができま […]

【2017乗車レポート】国際特急アレグロ号の予約方法・乗り方・出入国審査・車内サービス・座席配置の調べ方など《ヘルシンキ⇔サンクトペテルブルク》

今日は、ロシアとフィンランドを繋ぐ一風変わったアクセス方法をご紹介します! 実は、ロシア第2の都市・サンクトペテルブルクとフィンランドの首都・ヘルシンキとの間を、特急列車や夜行列車が走っているのです。 もともと同じ国だったこともあるこの地域。 その両都市間を3時間半ほどで結ぶ国際列車「アレグロ号」(ALLEGRO)に乗った際のレポートを写真付きでお届けします! ロシアはまだLCCの国際線就航が限定 […]

【乗車レポート】国際特急アレグロ号の予約方法・乗り方・出入国審査・車内サービス・座席配置の調べ方など《ヘルシンキ⇔サンクトペテルブルク》

今日は、ロシアとフィンランドを繋ぐ一風変わったアクセス方法をご紹介します! 実は、ロシア第2の都市・サンクトペテルブルクとフィンランドの首都・ヘルシンキとの間を、特急列車や夜行列車が走っているのです。 もともと同じ国だったこともあるこの地域。 その両都市間を3時間半ほどで結ぶ国際列車「アレグロ号」(ALLEGRO)に乗った際のレポートを写真付きでお届けします! ロシアはまだLCCの国際線就航が限定 […]

【鉄路のファーストクラス】案外安い!特急かもめ号グリーン個室乗車レポート

電車の車内とは思えないこの広い空間、ちょっとの追加料金で利用できるってご存じですか? 博多と長崎を結ぶJR九州の特急かもめ号。 この列車で使用される車両のうち、1時間おきに走る787系なら、1列車につき1室限定で『4人用グリーン個室』があるんです!   このお部屋の驚くべき点は、実は2人分のグリーン料金で利用できること。 今回は、この4人用グリーン個室を2人で利用してみた乗車レポートをお […]

【これぞリアルRPG】サンクトペテルブルクの地下鉄の乗り方をマスターしよう!

  【 6/29新着記事!】これが「サカ×マイル」流のワールドカップ観戦旅行。マイルで大幅に旅費を削減しながら ビジネスクラスで快適な旅をしてきます!⇒ 【交通費たった3万円台】ロシアW杯観戦の旅程決定!ビジネスクラスを満喫しながら行ってきます^^   せっかくワールドカップ観戦でロシア旅行に行くなら、絶対サンクトペテルブルクにも行った方が良いですよ! 来年6月~7月に行われるFIFAワールドカッ […]